CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 子(ね)デザイン本の販売開始 | main | 子(ねずみ)を色紙に >>
水彩画「樹木」を描く
0

     

    鮎裕の水彩画デザイン教室 

    3回講座の1回目が終了いたしました。

     

    /綺眠茲隆霑叩 崋木」を描く 2019年10月23日(水)  13:00〜15:00
    ◆崙以」をかんたんに正確に描く 2019年11月27日(水) 13:00〜15:00
    水彩画の基礎 山の景色を描く 2020年1月22日(水) 13:00〜15:00

     

    シンプルな演習からスタートしました。

    (表現方法を変えて3タイプ)

     

    手順は、

     

     

     

    派手さはないけれど、

    ゆっくりじわじわ楽しくなってきて、

    描きながらの森林浴的効果が

    あるような気がしました。

     

    同じ木でも、見る距離感によって全然見え方は違い、

    表現方法も変わる、

    樹木の種類によっても描き方は違う、、

     

    「樹木」と一言で言えども、

    まだまだまだまだ奥は深いです。

    そして、木々をもっともっと描きたくなってきました。

     

    教室風景⇧

     

    余談ですが、

    素材に使える樹木の写真を撮りに散歩がてら出かけた際、

    ずんずんと草むらに入っていったところ、

     

    野萩の襲来にあってしまいました。

    ピンクのかわいらしい花のあとの豆が、

    凶暴なほどにくっついて、

    布に食い込んで、このまま歩き出そうとすると、

    痛いのです。

    そこで、ベンチに腰を落ち着けて、

    ひとつひとつつまんで、はがすように取るのですが、

    豆のひと続きのさやのはずが、三角の1つ1つが

    ばらばらに分解されて、さらに、取りにくくなる、という、

    野萩の子孫を残そうとする執念を実感しました。

     

    木ばかりを見て歩いていましたが、

    少し黄色く色づいてきているものもあり、

    深まりゆく秋も楽しみました。

     

     

    次回の水彩画デザイン教室は、

    動物を描きます。

     

    鮎裕

     

    | スケッチ画 | 00:38 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする