CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2021年 丑年賀状素材本  | main | 秋のお菓子「吹き寄せ」 >>
本日「重陽の節句」
0

     

    本日10月25日は、旧暦9月9日で、

    「重陽の節句」にあたります。

     

    重陽の節句とは、奇数の重なる五節句のうちのひとつで、

    菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んだりして、

    不老長寿を願う行事です。

     

    また、「ぐみ袋(茱萸囊)」という、

    香の飾りをするのもこの重陽の節句の習わしのひとつです。

    秋の季語にもなっています。

    「ぐみ袋(茱萸囊)」

     

    「和のイラスト」の教室では、8月から9月にかけての

    各教室で、この「ぐみ袋(茱萸囊)」を題材に

    取り上げてきました。

     

    菊の花と山茱萸の枝を袋の口に飾り、

    織の袋の中に、芳香高い呉茱萸の実。

    史実に基づき、考えた画です。

    (袋の中身は描いておりませんが、、)

     

    「重陽の節句」も「ぐみ袋」も初めて知りました、という方も

    多かったのですが、「伝統」を知る楽しさに共感してくださって

    うれしかったです。

    「伝統」と書いてみてふと、「伝統」ってなんだろうと、、

    改めてその意味を辞書で調べてみましたら、

    「昔からうけ伝えてきた、有形無形の風習、しきたり、傾向、様式。

    特に、その精神的な面」とありました。

     

    平安時代に「ぐみ袋」が生まれ(中国の故事から伝わり、

    平安の宮中で日本版に改良されたのではないかと思われます)

    長く受け継がれてきたその精神的背景に、

    目に見えない「邪気」や「病」を追い払いたいという

    今に通じる思いがあったと思います。

     

    「重陽の節句」「ぐみ袋」、

    大事にしたい伝統です。

     

    和のイラスト

    鮎裕

     

    | 和のイラスト | 14:47 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする