CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ふっくらお福さん えがおよし | main | 「アマビエ」様の描き方 和のイラスト風 >>
「積ん読」本からあっち読みこっち読み
0

    ちょっとひんやりとした

    雨模様の土曜日でした。

    いかがお過ごしでしょうか。

     

    「積ん読」(つんどく)になりがちだった本を、

    ここ最近は、寝る前に少しずつ、あっち読み、こっち読み、

    するのが楽しいです。

     

    昨夜読んだのは、

    葉室麟さんの「乾山晩愁」

     

    江戸時代中期の陶工で絵師の

    尾形乾山のお話です。

    作風も性格も全然違う、けど仲が良い、

    お兄さん尾形光琳とのやりとり(回想の形で)が

    今までに見たことのある両者の両作品を思い出しながら、

    想像する江戸時代、絵師の世界、、、

     

    中身をよく確認せず、

    本のタイトルで注文したので、

    1冊まるまる乾山のお話だと思っていましたら、

    55ページほどの短編で、

    あっという間に終わってしまった小説の余韻にひたりつつ、、。

    買ってすぐ読まなくてもいい、

    本を積んどくのはいいことだと、と、

    好きな作家さんがおしゃっていたことが、

    本当にそうだ!と感じているこのごろです。

    あのとき欲しい!と思って入手しておいた本が、

    今、ここにある幸せ。

     

    和のイラスト

    鮎裕

    | - | 23:14 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする