CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
カラスのプレゼント
0

     

    今朝の散歩中、

    遊歩道で、ぽっと、と、

    落ちてきたものがありました。

     

    ぽとっ、

    ときに、ばさっ。

     

    見上げてみると、

    高い高い木の上にカラスが2羽いて、

    枝先をちぎっては、

    落としているのでした。

     

    この木は、ナンキンハゼ。

     

     

    どんどん実のついた枝先が落ちてきて、

    新鮮できれいなので足元のだけ拾ってきました。

     

    実はまだ緑色のものが多いですが、

    カラスは、この実の熟し始めているのを

    選んで選んで食べていたのですね。

     

    はじけた白い実もとても美しいリース素材になりますし、

    紅葉もこれから楽しみです。

     

    さて、この葉の形。

    どうやって描けばいいんだろう???

     

     

    あっっ!!

    発想を変えれば描けそうだ!

     

    鮎裕

    | 日々のこと | 14:14 | comments(0) | - |
    干支「子」を描く1日講座11月も増設します/和のイラスト
    0

       

      干支「子」の画の1日講座(オープンクラス)を

       

      豊中少路教室(大阪府豊中市)にて、

      10月の各クラスで行ってきましたが、

       

      11月にも、というお声をいただきまして

      増設させていただくことにいたしました。

       

      基本課題「赤蕪とねずみ」

       

       

       

      年賀状だけでなく、

      いろんなところに干支の画が描けると

      重宝しますし、楽しいです。

      ぽち袋、箸袋、ランチョンマット、懐紙、

      玄関飾り、掛け紙、など。

       

      基本課題を練習すると、

      アレンジもいろいろできます。

       

      紅白の蕪にしたり、

       

       

      お正月野菜のくわいに変えたり、

       

       

      豊中少路教室は、

      大阪モノレール駅から徒歩1分の場所にあります。

       

      こじんまりとリラックスできる

      少人数クラスです。

      ティータイムでほっとするひとときをはさんでの2時間、

      お気軽にご参加いただけるとうれしいです。

       

      詳細とお申し込みは、

      和のイラスト公式ホームページ

      お知らせページからお願いいたします。

      ご質問などございましたら、

      上記ホームページのお問い合わせフォームからどうぞ。

       

      鮎裕

       

      | 和のイラスト | 16:03 | comments(0) | - |
      子(ねずみ)を色紙に
      0

         

        来年の干支「子」を

        小槌の型抜き色紙に描いてみました。

         

         

         

        表面に、画仙紙が貼ってあるものです。

        大きさは、幅がはがき大です。

         

        和のイラスト

        鮎裕

        | 和のイラスト | 13:37 | comments(0) | - |
        水彩画「樹木」を描く
        0

           

          鮎裕の水彩画デザイン教室 

          3回講座の1回目が終了いたしました。

           

          /綺眠茲隆霑叩 崋木」を描く 2019年10月23日(水)  13:00〜15:00
          ◆崙以」をかんたんに正確に描く 2019年11月27日(水) 13:00〜15:00
          水彩画の基礎 山の景色を描く 2020年1月22日(水) 13:00〜15:00

           

          シンプルな演習からスタートしました。

          (表現方法を変えて3タイプ)

           

          手順は、

           

           

           

          派手さはないけれど、

          ゆっくりじわじわ楽しくなってきて、

          描きながらの森林浴的効果が

          あるような気がしました。

           

          同じ木でも、見る距離感によって全然見え方は違い、

          表現方法も変わる、

          樹木の種類によっても描き方は違う、、

           

          「樹木」と一言で言えども、

          まだまだまだまだ奥は深いです。

          そして、木々をもっともっと描きたくなってきました。

           

          教室風景⇧

           

          余談ですが、

          素材に使える樹木の写真を撮りに散歩がてら出かけた際、

          ずんずんと草むらに入っていったところ、

           

          野萩の襲来にあってしまいました。

          ピンクのかわいらしい花のあとの豆が、

          凶暴なほどにくっついて、

          布に食い込んで、このまま歩き出そうとすると、

          痛いのです。

          そこで、ベンチに腰を落ち着けて、

          ひとつひとつつまんで、はがすように取るのですが、

          豆のひと続きのさやのはずが、三角の1つ1つが

          ばらばらに分解されて、さらに、取りにくくなる、という、

          野萩の子孫を残そうとする執念を実感しました。

           

          木ばかりを見て歩いていましたが、

          少し黄色く色づいてきているものもあり、

          深まりゆく秋も楽しみました。

           

           

          次回の水彩画デザイン教室は、

          動物を描きます。

           

          鮎裕

           

          | スケッチ画 | 00:38 | comments(0) | - |
          子(ね)デザイン本の販売開始
          0

             

            来年2020年の干支 子(ね)の

            デザインイラスト本の販売が始まりました。

             

            こちらの2冊に、

            参加させていただいております。

             

            本のタイトルは、

            「心に残る 和の年賀状

              令和子年版」

             

            「豊」というカテゴリーに、

            見開き2ページに4作品を

            載せていただいています。

             

            特にお気に入りは、

            お抹茶碗を3匹のねずみが、

            覗き込むなどしている

            「ねずみの初釜」という作品です。

             

            付属のCD-ROMに収録されていて

            年賀プリントに使えるようになっています。

             

            もう1冊は、

            「年賀状DVF-ROM 2020」

             

             

            こちらは、

            「12人のプロ作家による

            描き下ろし年賀状」

            という章に、

             

            「梅瓢箪にねずみ」

            「獅子頭でかくれんぼ」の

            2点を制作させていただきました。

             

            この2冊向けには、

            あまり作り込み過ぎず、

            手描き感を大事にしました。

             

            ぜひ、お手にとってご覧いただけたら

            うれしいです。

             

            和のイラスト

            鮎裕

             

             

            どちらの本も

            発行所:株式会社インプレス

             

            お取り扱いサイト

            インプレスブックス

            amazon

            紀伊國屋書店

            楽天ブックス

            TSUTAYA

            など

             

            書店でもお求めいただけます。

            店頭にない場合は、

            お取り寄せくださいますよう

            お願いいたします。

             

             

             

             

             

            | 和のイラスト | 18:08 | comments(0) | - |
            一枚の絵のような花壇から〜京都府立植物園〜
            0

               

              1枚の絵のようでしょう!!

              京都府立植物園の正門を入ってすぐ目の前にある

              大きな花壇です。

               

              ベゴニア、パパイヤ、ネコノヒゲ

              フウセントウワタなどなどなど、

              こんもりとジャングルのような

              盛りだくさんの植栽が生い茂り見事です。

               

              それぞれが育ちたいように自由に茂っている感じで、

              全体としてとても調和している、この花壇。

               

              離れて見て、近くで見て、

              ぐるっと一周して、

              目の高さよりうんと高いところを見て、

              足元をよく見て、

              まだまだ見るところいっぱいのてんこもりです。

               

              植物の名前の札がちゃんとあるのもうれしいところです。

               

              この花壇からスタートして、

              広い広い園内をマップを片手に見て回りました。

               

              植物園の中央あたりにある「森カフェ」からの

              大芝生地の景色です。

               

               

              緑、緑、緑がごちそうです。

              「森のカフェ」では、

              食券を買うスタイルの食堂のようなメニューで、

              「ひまわり冷麺」をいただきながら、

              のんびりした時間が、ゆったりと流れて、、

              そうそう、

              BGMは、とんびの鳴き声。

              時折、とんびが芝生まで降り立ってきていました。

              「ぴーひょろ、ぴーひょろ」

              この植物園にとんびが生息しているようで、

              どこにいても、

              とんびの姿が見えました。

               

              観覧温室も、見ごたえありました。

               

              はじめは、熱帯の植物は、

              あまりなじみのないものに思え、

              植物名を見ても、カタカナがつらつらつらと

              いっこうに頭に入らず、

              ピンとこない感じでしたが、、

              見ているうちに、名前はさておき、

              目の前の葉、茎、花、ひとつひとつに

              向き合ううちに、

              だんだん、固有の、

              個性ある魅力に引き込まれていき、

               

              ああ!これは、デザインの宝庫だ!!

              と気づいてくると、

              葉の重なり、形、曲線、

              すべてが美しく、おもしろく、

              色の組み合わせに、

              刺激をもらい、

              あらゆるものをカメラに収め、

              脳内にも記録しておきたくなりました。

              何かいつかのヒントになること

              間違いないと思います。

               

              パンフレットに植物園概要に、

               

              大正13年(1924年)に開園した

              日本最古の公立総合植物園。とありました。

              総面積は、甲子園球場の約6個分

              植物の数、約12,000種類

              「憩い」と「学び」を両立する「生きた植物の博物館」

               

              その精神をいたるところに感じました。

               

              大きな楠の並木道。

               

               

              いーーっぱい、

              いろんなものを吸い込んできました!!

               

              鮎裕

               

               

              | 日々のこと | 22:35 | comments(0) | - |
              ヒガンバナ 続報 23日開花!
              0

                 

                Chiho.Hさんが今朝、

                ヒガンバナ開花の写真を送ってきて

                くださいました!

                 

                今年は、芽が出るのが遅いけど、

                ちゃんとお彼岸に咲いてくれるかしら、、と

                心配しましたが、

                ちゃんと、ちゃんと、

                お彼岸の中日23日に開花しました。

                (大阪府豊中市にて)

                 

                南や北にかかわらず、

                お彼岸に咲くヒガンバナ、と

                言われていますが、

                みなさまの地域では、

                いかがですか?

                 

                 

                すらっと伸びた茎の先端に、

                花が6つ。

                その花の花弁は6枚。

                おしべが6本。

                少し例外もありますが、

                基本は、6。

                浅いラッパ形をした6つの花が

                外に向き環状につき、

                その中心から、

                おしべ、めしべ長く飛び出て、

                上向きにカールします。

                花の時期には、まだ葉はなく、

                花が終わったから、細長い葉が

                たくさん出てきます。

                 

                田んぼの畦や土手などに咲いて、

                秋の里山の風景を印象深く彩りますね。

                 

                かつては、忌み嫌われがちなお花でしたが、

                最近はそのような陰のイメージも薄れ、

                花の美しさを感じたままに

                楽しめるのがうれしいです。

                 

                 

                和のイラスト

                鮎裕

                 

                 

                | 和のイラスト | 09:19 | comments(0) | - |
                秋のお彼岸2019〜ヒガンバナ速報
                0

                   

                  本日2019.9.19

                  大阪府豊中市にて、

                  ヒガンバナが芽を伸ばしてきました。

                  (情報と画像提供:Chiho.Hさん)

                  そして、明日のお彼岸の入りを控え、

                  開花態勢に入ってきております。

                  (今年のお彼岸9/20〜26)

                   

                  画像をよく見ますと、

                  茎の先端に赤いものが見えてきています。

                   

                  Chihoさんによりますと、18日の朝にはまだ

                  芽が出ていなかったそうで、これは例年よりも遅く、

                  1日でさっと伸びてきた、とのこと。

                   

                  夏の猛烈な暑さの影響がヒガンバナにも

                  及んだのかと心配しましたが

                  今年も、このお彼岸の時期に咲いてくれそうです。

                   

                  さすが!ヒガンバナ!

                   

                  8月末から9月にかけての

                  「和のイラスト」の教室では、

                  ヒガンバナを描いており、

                  例年にも増して、関心が高いのです。

                   

                   

                   

                  和のイラスト

                  鮎裕

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | 和のイラスト | 19:35 | comments(0) | - |
                  作品ページを更新しました
                  0

                     

                    ながらく手つかず状態だった「作品ページ」に

                    少しだけですが、作品をアップいたしました。

                     

                     

                    鮎裕の「和のイラスト」公式ホームページ

                    http://ayuyuu.com/page/sakuhinnmokuji.html

                     

                    鮎裕

                    | 和のイラスト | 17:48 | comments(0) | - |
                    大阪産経学園ロビー展
                    0

                       

                      大阪産経学園のロビーにて

                      「和のイラスト」講座の展示中です。

                      (2019.9.13 〜30)

                       

                      大阪産経学園は、

                      阪急梅田駅直結(上)のビル、

                      阪急ターミナルビル7Fにあります。

                       

                      カルチャー受付から教室への通路です。

                      受講生の皆様の作品12点を

                      展示しています。

                       

                      鮎裕

                       

                      産経学園 大阪校

                      | 和のイラスト | 16:57 | comments(0) | - |
                      水彩画デザイン教室
                      0

                         

                        2019年前期の

                        水彩画デザイン教室3回講座は無事終了いたしまして、

                        次期3回のカリキュラムが決まりました。

                         

                        大阪府/豊中市
                        【鮎裕の水彩画デザイン教室 3回講座】


                        画像はイメージです    

                        内容 日時 3回通し 講座
                        /綺眠茲隆霑叩 崋木」を描く 2019年10月23日(水)  13:00〜15:00
                        ◆崙以」をかんたんに正確に描く 2019年11月27日(水) 13:00〜15:00
                        水彩画の基礎 山の景色を描く 2020年1月22日(水) 13:00〜15:00
                        • 会場  : 豊中少路教室
                        • くわしくは>>ayuyuu.com 
                        | - | 22:05 | comments(0) | - |
                        京阪百貨店8F催し会場にて展示中〜大阪府守口市
                        0

                           

                          「第14回NHK文化センター京阪守口教室 作品展」

                          ただいま開催中です。

                           

                          鮎裕の「和のイラスト」講座の展示コーナーは、

                          このような感じです。

                           

                           

                          「石蕗の花」の画に「和敬静寂」の文字や、

                          (HIroko.Sさん)

                          「きんぎょ」の画に「赤い金魚はあぶくをひとつ

                          昼寝うとうとゆめからさめた」の文字など、

                          (Sachiko.Kさん)

                          普段から書道をされていて描き慣れている方は

                          積極的に文字を入れていただけてよかったです。

                           

                          受講生の皆様の作品の間を私の画で埋めるために、

                          今回は、干支の画をいろいろ並べてみました。

                           

                          中央の少し大きめの額の中に貼り合わせているのは、

                          申、酉、戌、辰、巳の5点。

                          周囲には、

                          左から、戌、申、酉、卯、午。

                           

                          来年の干支は、子(ねずみ)ですね。

                           

                          ねずみは、教室でのお楽しみ、ということで

                          展示はしておりません。

                          ごめんなさい。。。

                          10月または11月の全教室で、

                          描きやすくて、かわいい子のデザインを

                          ご紹介させていただきます!!

                           

                           

                          右のコーナーは、

                          壁面に少し春のものも飾ってみました。

                          テーブルの上には、

                          新作「ヒガンバナ」も置いています。

                           

                          京阪百貨店にお買い物ついでに

                          ぜひのぞいてみてくださいね!

                           

                          和のイラスト

                          鮎裕

                           


                          大阪府/守口市
                          【第14回NHK文化センター京阪守口教室 作品展】
                          • 日時: 2019年8月29日(木)→9月3日(火)
                          • 会場: 京阪百貨店守口店8階大催事場/入場無料
                          • 鮎裕の「和のイラスト」講座からも出展しております
                          • 会期中無休 午前10時→午後7時
                            NHK文化センター守口教室
                          | - | 13:40 | comments(0) | - |
                          受講生作品展 兵庫県伊丹市にて
                          0

                             

                            JEUGIA(ジュージヤ)カルチャーセンター
                            イオンモール伊丹昆陽

                            2019年第8回受講生作品展が

                            このお盆期間中に行われました。

                            (兵庫県伊丹市池尻)

                             

                            鮎裕の「和のイラスト」講座も、

                            初回からかかさず、

                            毎年参加させていただいています。

                             

                             

                            「鯉のぼり」「水芭蕉と夏鴨」「ペンギンと花火」

                            「紫木蓮」「クリームソーダ」などなど、

                            季節感ある作品が並びました。

                             

                            肩肘張らず、普段使いの和風の画が

                            さらりと描けるのがいいところなのですが、

                             

                            伊丹昆陽の教室の皆様は、

                            楽しみ上手の名人で、

                            いつも教室には、

                            画を描く楽しさがあふれていて、

                            うれしくなります。

                            また、その画を活かす工夫や、

                            どうしたらもっと良くなるかなど

                            掘り下げた話も出て、

                            楽しみあい、学び合いの良い雰囲気でおけいこしています。

                            私も、もちろんその中にいて

                            良い勉強になって、次の、またつぎの

                            1回とつながって、教室は今年で9年目(2011.4スタート)。

                            この作品展は、

                            そのような受講生の皆様の作り出す

                            教室の雰囲気が表れているように感じます。

                             

                            毎月第2月曜日10:30〜12:30の教室ですが、

                            8月は26日(月)に振り替えとなります。

                             

                            いつも少し季節の先取りで練習します。

                             

                            次の課題は何にしようかな。。。

                             

                            そして、今年も展示にご尽力くださいました

                            カルチャーのスタッフの皆様にも

                            心から感謝いたします。

                             

                            ありがとうございました。

                             

                            鮎裕

                            | 和のイラスト | 19:24 | comments(0) | - |
                            水彩画基礎「パプリカ」を描きました
                            0

                               

                              「鮎裕のスケッチ・デザイン画教室」を

                              4月24日(水)に行いました。

                               

                              水彩画基礎として選んだ課題は

                              「パプリカ」!!

                               

                              これは、余談ですが、、

                               

                              大ぶりで、色艶よろしい、品質抜群!の

                              パプリカを生鮮食品売り場で見つけた時には、

                              これだ!!と思いました。

                              (描くための素材を探す日には、

                              獲物をゲットするようなぎらぎらした目で

                              街中を歩き回ります)

                               

                              さて、これをどう描くか???

                               

                               

                              基礎練習として、

                               

                              形の取り方の基本と、

                              水筆を使ったぼかし方を部分的に

                              みっちりと練習しました。

                               

                               

                              パプリカの表面はつるつるして

                              光っていますので、

                              そんな質感を出すために、

                              白く塗り残す方法です。

                               

                               

                              いよいよ、レイアウトを決めて、

                              鉛筆でスケッチ。

                               

                               

                               

                              そして、色を塗っていきます。

                               

                              はじめは、淡い淡い色からです。

                              絵の具は、顔彩を使っています。

                               

                              なぜ顔彩を使っているか、、

                               

                              また、余談になりますが、

                               

                              この教室がスタートしたきっかけに

                              かかわりがあります。

                               

                              このスケッチ画教室がはじまったのは2008年でした。

                              それから月1回続けてきまして

                              気がつけば11年目になりました。

                               

                              当初、鮎裕の「和のイラスト」講座(当時は、鮎裕のはがき画教室)の

                              受講生のお一人が、

                              「りんごが目の前にあっても描けないんです。

                              せっかく画を習っているのに。。。」と

                              おっしゃったのです。

                               

                              「和のイラスト」は手本があって、それを元に描く方法で、

                              実物を描くスケッチの方法とは

                              練習方法が違うものなのです。

                               

                              そこで、

                               

                              目の前にある実物を描く方法をかんたんに

                              練習する「スケッチ画教室」という場があると、

                              「和のイラスト」との相乗効果で、

                              もっと描くことが楽しくなるのでは、と、

                              「スケッチ画教室」をはじめることにしたのです。

                              画材は、「和のイラスト」に使っているものを

                              そのまま使うことにしました。

                               

                              それで、、顔彩、なのです。

                               

                              この黄色のパプリカに使った顔彩の色は、

                              鮮光黄、朱を少々、黄土を少々。

                               

                              赤い方のパプリカが、

                              鮮光黄を淡く、朱、臙脂(えんじ)。

                               

                               

                               

                              パプリカの完成。

                              (画像クリックで大きくなります)

                               

                               

                              この半期は、

                              これまでとは趣向を変えて、

                              下記のようなテーマで行います。

                               

                              1回目 4月24日(水)13:00〜15:00(終了)

                              2回目 6月26日(水)13:00〜15:00

                              3回目   8月28日(水)13:00〜15:00

                               

                              1回目のテーマは、

                              「実物を見て描く 水彩画の基礎」

                              お花、野菜または果物などからこの時期の

                              旬な素材を選んでご用意します。

                               

                              2回目のテーマは、

                              「蓮の花」を描く

                              写真をもとにして描く技法で、

                              はがきサイズとF3サイズに描きます。

                               

                              3回目のテーマは、

                              「パターンアートのさらなる魅力」

                              はじめての方も参加しやすい内容です。

                              2回目からでもどうぞ。

                               

                              詳しくは、こちらのパンフレットを

                              ご覧くださいませ。

                              | スケッチ画 | 13:37 | comments(0) | - |
                              「猫を描く 鉛筆デッサン編」スケッチ画教室
                              0

                                本日の鮎裕のスケッチ画教室

                                (第4水曜日 豊中少路教室)

                                テーマは、

                                「猫を描く 鉛筆デッサン編」でした。

                                 

                                 

                                画像クリックで大きくなります

                                 

                                白黒(明暗)のトーンを見分けること、

                                黒いところを見つけて塗っていくことで

                                明るい(白い)ところが浮きがってくることを

                                ポイントに描きました。

                                 

                                猫と向き合い集中する時間は楽しかった〜です。

                                (制作時間1時間30分)

                                 

                                さて、

                                毎月第4水曜日に行っていました

                                「鮎裕のスケッチ画教室」ですが、

                                4月からの半期は、

                                3回講座として隔月で行います。

                                 

                                「鮎裕のスケッチ・デザイン画教室」

                                 

                                1回目 4月24日(水)13:00〜15:00

                                2回目 6月26日(水)13:00〜15:00

                                3回目  8月28日(水)13:00〜15:00

                                 

                                1回目のテーマは、

                                「実物を見て描く 水彩画の基礎」

                                お花、野菜または果物などからこの時期の

                                旬な素材を選んでご用意します。

                                 

                                2回目のテーマは、

                                「蓮の花」を描く

                                写真をもとにして描く技法で、

                                はがきサイズとF3サイズに描きます。

                                 

                                3回目のテーマは、

                                「パターンアートのさらなる魅力」

                                はじめての方もこの機会にぜひどうぞ。

                                 

                                詳しくは、こちらのパンフレットを

                                ご覧くださいませ。

                                 

                                 

                                 

                                一般社団法人 和のイラスト協会

                                HPのお問い合わせフォームより

                                お申し込みくださいませ。

                                ayuyuu.com

                                 

                                | スケッチ画 | 21:51 | comments(0) | - |
                                NHK文化センター西宮ガーデンズ教室「和のイラスト」ロビー展
                                0

                                   

                                  ただいま、

                                  NHK文化センター 西宮ガーデンズ教室にて、

                                  「和のイラスト」受講生ロビー展 をしています。

                                   2019.2.21〜3.6

                                   

                                  受講生のみなさまの作品の数々

                                   

                                  ハイクオリティです!

                                  kuma さん作「春」

                                   

                                   

                                  Sachiko.Oさん作「柳につばめ」

                                   

                                   

                                  ふうちゃん作「どうぞよろしく」

                                   

                                   

                                  ミーユエさん作「吉野桜」

                                   

                                   

                                   

                                  Hiroko.Tさん作「春うらら」

                                   

                                  かわいい!きれい!趣きある!作品がずらりと並びました。

                                   

                                  西宮ガーデンズの5階にあります。

                                   

                                   

                                  ロビーには、くつろげるテーブル席もあり、

                                  とても入りやすく心地よい場所です。

                                   

                                  ぜひお立ち寄りくださいませ。

                                   

                                  NHK文化センター西宮ガーデンズ教室

                                  鮎裕

                                   

                                   

                                  | 和のイラスト | 00:31 | comments(0) | - |
                                  鮎裕 和のイラスト展/紀伊国屋書店 無事終了!
                                  0

                                    おかげさまで、2週間にわたる

                                     

                                    「鮎裕 和のイラスト展

                                    〜桃の節句と桜の季節に〜」が、

                                     

                                    盛況のうちに無事 会期を終了することが

                                    できましたことをご報告させていただきます。

                                     

                                    たくさんのご観覧、

                                    本当に!ありがとうございました!!

                                     

                                     

                                    梅田のどまん中の、オープンな展示で、

                                    ほんとうに、たくさんの方にご覧いただけたと思います。

                                     

                                    その活況ぶりを示すひとつは、

                                    やはり、なんといいましても、

                                     

                                    「売約」の多さです。

                                     

                                    赤い文字で書かれた「売約済」の札が、

                                    あちらにもこちらにも貼られて、

                                    フィーバー!!

                                     

                                    最終集計の結果、

                                    売約数が、38点!!

                                     

                                    「こんなに売約がつくなんてはじめてだ!すごい!!」と、

                                    書店の方にもおっしゃっていただきました。

                                     

                                    作品をご購入くださった方、

                                    誠にありがとうございました。

                                    心より御礼申し上げます。

                                     

                                    また、ほしい作品がすでに売約済みだった、、と

                                    いうお声もたくさんいただきました。

                                    今回は、直筆1点もの、ということでの展示販売でしたので、

                                    申し訳ない、、と思いつつ、

                                    同じを画を描いて追加する、ということは

                                    しませんでした。

                                    あれもほしかった、これもほしかった、と

                                    おっしゃっていただけて、

                                    とってもうれしかったです。

                                    (でも教室の受講生は自分で描けますよ。ぜったい!)

                                     

                                     

                                    特に、桜が3つ並んだ作品や、

                                    つるし飾りが縦に並んだものや、

                                    吉野山の風景が横に並んだもの、

                                    野菜の画などに

                                    人気があったようです。

                                     

                                    (自画自賛の手前味噌な言葉がつづきます、

                                    すみません!)

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    そして、店内で販売させていただいた

                                    「季節のはがき(1枚150円)」も

                                    211枚!!売れました。

                                     

                                    「はがきって、こんなに売れるものなんですね〜」と、

                                    これも書店の方の驚きのお声をいただきました。

                                     

                                    私の著書「ホッとする和のイラスト」も、

                                    途中で追加取り寄せするほど売れましたよ、と

                                    書店の担当の方がおっしゃってくださいました。

                                     

                                    なんといううれしいことでしょう。。

                                     

                                     

                                    とはいえ、作品の内容も展示のし方も、

                                    今の自分の精一杯が、

                                    至らぬところだらけであること、

                                    力不足であることを再認識しています。

                                    思いきってやってみて

                                    気づいたことがたくさんありました。

                                    この貴重な、すばらしい経験を励みとして

                                    一層の精進を重ねてまいりたいと存じます。

                                     

                                    書店のご担当者様、

                                    1番カウンターのスタッフ店員のみなさまにも

                                    大変お世話になりました。

                                    「和のイラスト展」にご興味を持って、

                                    あたたかい気持ちで観てくださったすべてのみなさま、

                                    本当にありがとうございました。

                                     

                                    末筆になりましたが、

                                    皆様のご健勝を心よりお祈りしております。

                                     

                                    鮎裕

                                     

                                     

                                     

                                    | 和のイラスト | 11:35 | comments(0) | - |
                                    【続報2】鮎裕 和のイラスト展/紀伊国屋書店ウィンドウギャラリー
                                    0

                                      この寒波の中、梅田までお越しくださり、

                                      作品展をご覧いただきましたみなさま

                                      本当にありがとうございました。

                                       

                                      うれしいメッセージをいただいていますので

                                      ご紹介いたします。

                                       

                                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                       

                                      こんにちわ

                                      今日ウィンドウ画廊拝見しました。

                                      素敵でした! 22番購入しました。

                                      お友達も本をゲット。

                                      行きつけの歯科医の女医さんも見るなり好きなのがあり、

                                      書店が開店前だったので帰りに買おうと思われましたが

                                      すでに売約済みになっていて

                                      悔しがられていました。

                                      また、こんなギャラリー楽しみにしています。

                                       

                                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                      展示会、おめでとうございます。

                                      今日、拝見させていただきました。

                                      お雛様やお花や筍 春満載の絵、

                                      心がウキウキしました。

                                       

                                      ほとんどが売約済みで。。。

                                      うさぎさんの絵、可愛いと思って観たら

                                      残念ながら、非売品でした。

                                       

                                      楽しかったです。

                                      ありがとうございます。

                                       

                                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                       

                                      買いたい人は早く行かな、

                                      全部売り切れてしまいまっせ〜ってくらい

                                      売約済みでした。

                                      フダのついてないのは非売品でーす。

                                       

                                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                       

                                      お雛様と筍の風炉先屏風を友人が買いました。

                                      おばあちゃんが、おじいちゃんの介護で大変なので、

                                      この絵を見たら元気になってくれそうだから、

                                      とのことでした。

                                       

                                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                      こんばんは

                                      今、通ってる整骨院の方が、

                                      紀伊国屋の先生の作品を見に行ってくださって、

                                      動画で見ました。すでに、売約済み!

                                      大盛況おめでとうございます。

                                       

                                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                      拝見しましたよ。

                                       

                                      見に来てる人とお話しできましたよ。

                                      先生の本2冊買って持っていて、

                                      それを見て描いてると話してくれました。

                                      「ぼかし」ができないと言うので、

                                      私が、今日のおけいこで「ぼかし」しました、と、

                                      自分の作品を見せましたら、

                                      ほめてくれました。

                                      そのあと、

                                      店内で販売のはがきも買ってくれました。

                                       

                                      ウグイス、雀、わらびのはがきを買いました。

                                       

                                      作品を目に焼き付けて帰りました。

                                      楽しい時間でした。

                                       

                                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                       

                                      すごいですね。

                                      今日も紀伊国屋さんのギャラリーをのぞきに

                                      行きましたら、ほとんどの作品に

                                      「売約済」の札が貼られていました。

                                      何人もの方が、立ち止まってウィンドウを

                                      覗き込んでいました。

                                       

                                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                       

                                      大変、励みになるお言葉の数々!

                                      ありがとうございます!!

                                       

                                      会期終了まであと4日。

                                      ひきつづきどうぞよろしくお願いいたします。

                                       

                                      鮎裕

                                       

                                       

                                       

                                       

                                      | - | 21:27 | comments(0) | - |
                                      【続報】和のイラスト展〜紀伊国屋書店梅田本店〜
                                      0

                                         

                                        ただいま展示中の作品展について

                                        続報です。

                                         

                                        紀伊国屋書店梅田本店の

                                        西側ウィンドウギャラリーにて

                                         

                                        鮎裕の 和のイラスト展

                                        〜桃の節句と桜の季節に〜

                                         

                                         

                                         

                                        今日、観に行ってくださった方の写真です。

                                         

                                        内容:直筆一点ものの展示販売

                                           桃の節句にちなんだ絵柄や桜、春の草花、動物など。

                                         会期:2019.2.1〜2.14

                                         

                                        おかげさまで、

                                        ひと足早く春が来たようなガラスウィンドウの空間に、

                                        道行く人たちがしばし足を止めて、

                                        作品を覗き込むようにご覧いただいております。

                                         

                                         

                                        色紙サイズのもの、はがきサイズ、

                                        5センチ四方ほどの小さな色紙を額に3つ並べたもの、

                                        ミニ風炉先屏風など大小の作品55点が並んでいます。

                                         

                                         

                                        まだまだ力不足を実感しておりますが、

                                        はじめての試みの作品も展示し、

                                        今できる精一杯はやってみました。

                                         

                                         

                                        また、著書「ホッとする和のイラスト」を店内の平台2カ所に、

                                        販売用季節のはがきや教室情報のちらしとともに展開していただいております。

                                         

                                        このような機会をいただけて

                                        はじめて尽くしの大変すばらしい

                                        経験をさせていただいております。

                                         

                                        私自身は、現地になかなか行けていませんが、

                                        ご覧くださった方が、

                                        「売約」状況や作品の感想や、

                                         

                                        ウィンドウ前の様子や、

                                         

                                        知らない方同士で会話が弾んだことなど、

                                         

                                        いろいろと報告してくださるのが

                                        とってもうれしいです。

                                         

                                        14日まで展示しています。

                                        どうぞよろしくお願いいたします。

                                         

                                         

                                        鮎裕

                                         

                                        紀伊国屋書店梅田本店

                                        大阪市北区芝田1-1-3  阪急三番街

                                        06-6372-5821

                                         

                                        ウィンドウギャラリーは、

                                        紀伊国屋書店の外側で、

                                        地蔵横丁側の通路に面したところです。

                                         

                                         

                                         

                                        | 和のイラスト | 20:23 | comments(0) | - |
                                        和のイラスト展はじまりました!/紀伊国屋書店梅田本店
                                        0

                                           

                                          鮎裕 和のイラスト展

                                          〜桃の節句と桜の季節に〜

                                          紀伊国屋書店梅田本店

                                          ウィンドウギャラリー

                                           

                                          2月1日よりはじまりました!

                                           

                                          どんどん人が流れるこの通路で、

                                           

                                          おかげさまで、

                                           

                                          立ち止まってご覧いただく方が多く

                                          うれしいうれしい、スタートを切っております。

                                           

                                          書店入り口の向かって左側の通路です。

                                           

                                          小さいものも含めると

                                          60点弱の作品を展示しております。

                                           

                                          展示と同時に販売もしており、

                                          ご注文の入った作品には、

                                          「売約済」という札がつき、

                                          会期終了後に発送させていただくことになります。

                                           

                                           

                                          こちらは店内入り口近くの

                                          1番カウンターの右側に設置のラックです↓

                                           

                                           

                                          著書「ホッとする和のイラスト」と、

                                          「季節のはがき」(1枚150円)を

                                          置かせていただいております。

                                           

                                          ここからさらに店内を奥に進んだところにも、

                                          著書を置いてくださっています。

                                          夢の!平台!です。

                                           

                                          ちなみにこちらは、前日

                                          1月31日の夜の搬入の様子で、

                                          ガラスウィンドウの中です。

                                           

                                          初めてづくしの

                                          貴重な経験をさせていただいております。

                                           

                                          全体の展示の仕方はほんとに手探りで、

                                           

                                          1つ1つの作品も、

                                          まだまだまだまだまだまだ

                                          力不足を感じつつ、

                                           

                                          今できる精一杯のことはできたかな、と

                                          思っております。

                                           

                                          すでにお足をお運びくださいました方、

                                          本当にありがとうございました。

                                           

                                          心より感謝申し上げます。

                                           

                                          そして、

                                          会期終了の2月14日まで

                                          引き続きどうぞよろしくお願い致します。

                                           

                                          鮎裕

                                           

                                           

                                          紀伊国屋書店梅田本店

                                          大阪市北区芝田1-1-3  阪急三番街

                                          06-6372-5821

                                           

                                          ウィンドウギャラリーは、

                                          紀伊国屋書店の外側で、

                                          地蔵横丁側の通路に面したところです。

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          | 和のイラスト | 20:47 | comments(0) | - |
                                          | 1/5PAGES | >>